/enchain1380570.html,DVD , 外国映画 , アクション,インサイド・マン,www.silversitters.com,[DVD],1155円,【プレミアム・ベスト・コレクション】 /enchain1380570.html,DVD , 外国映画 , アクション,インサイド・マン,www.silversitters.com,[DVD],1155円,【プレミアム・ベスト・コレクション】 1155円 インサイド・マン 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD] DVD 外国映画 アクション 1155円 インサイド・マン 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD] DVD 外国映画 アクション インサイド マン 今ダケ送料無料 プレミアム DVD コレクション ベスト インサイド マン 今ダケ送料無料 プレミアム DVD コレクション ベスト

インサイド マン 今ダケ送料無料 プレミアム プレゼント DVD コレクション ベスト

インサイド・マン 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]

1155円

インサイド・マン 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]

商品の説明

内容紹介

【アカデミー賞に輝く最高の豪華スター結集!驚愕のサスペンス巨編!!】
世紀の完全犯罪は成功するのか!?
全米No.1ヒット!常識を覆す天才的な銀行強盗計画と予測不可能な衝撃の結末!!

マンハッタンの銀行で強盗事件が発生!頭脳明晰な犯人グループのリーダー、ダルトンは人質全員に
自分達と同じ格好をさせ捜査を撹乱する。交渉の糸口が見つからず当惑する捜査官フレイジャー。
「奴らの目的は何なのか?何かがおかしい・・・」。女弁護士ホワイトが犯人との交渉役として現れる。
前代見聞の“完全犯罪”の謎とは―!

●デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスター、クライブ・オーウェンなど、ハリウッド最強スター陣、豪華競演!!

音声:英語(5.1ch)・日本語(5.1ch)・タイ語(5.1ch)
字幕:英語・日本語・韓国語・その他

※映像特典、商品仕様、ジャケット写真などは予告無く変更となる場合がございますのでご了承下さい。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスター、クライブ・オーウェンら演技派スター共演によるクライムサスペンス。社会派問題作を手掛けるスパイク・リーが、新人脚本家のデビュー作を映画化。“プレミアム・ベスト・コレクション”。

インサイド・マン 【プレミアム・ベスト・コレクション】 [DVD]

あらすじを書く前に一言。この作品は王道の真逆を行く作品となっている。私はこの作品が好きだが万人受けするとは思わない。しかし、映画好きには一見の価値がある作品だ。ニューヨークで発生した銀行強盗事件。警察のキース・フレージャーが人質交渉人となって、事態がこれ以上悪化する前に銀行員と顧客を無事に救出しようとする。強盗団のリーダーであるダルトン・ラッセルは頭脳明晰で、すべてを完璧に計画し、フレイジャー達を翻弄する。混乱の中、ニューヨーク市長がフレイジャーに謎の女性を紹介したことで、事態はさらに複雑化する。その女性は、銀行の貸金庫に隠されたあるものを守りたいと考えており、フレイジャーに銀行内に入れてもらい、その中身を守るためには手段を選ばないと仄めかす。銀行強盗というある意味犯罪映画では王道のテーマでありながら、オーシャンズシリーズの様な華麗な犯罪劇でも、派手なクライムアクションでもない。これまでの作品にはないオリジナリティしかないような作品になっている。犯人の姿は最初から明かされ、犯人の過去には全く触れられず、動機も軽く触れられる程度。強盗犯もマスクを付けている姿がほとんどで、カリスマ性はあるがその姿が丁寧に描かれることはあまりない。物語の裏にある強盗犯の背景や、銀行家の悪行はほとんど触れられないがそれでも過去の重く暗い問題を感じさせるには十分な雰囲気が作られている。計画の目標もある程度は推測がつく。わからないのは脱出方法と彼らが逮捕されるのかどうかだけ。なのに展開は中々読めない。小説のような印象で、丁寧にそして緻密に計画されたプロットは、この強盗計画を作った監督っぽいなと感じた。デンゼル・ワシントン演じる警官は、頭の切れる捜査官というよりは、善良な人間性の象徴のような存在で、悪に染まらない善良性を作品に与えている。この映画の主役は誰かと言われれば、おそらく"銀行強盗"という劇自体が主役だろう。そういう意味でも、この作品一癖も二癖もある変わった作品だ。ただ失ったものもあり、映画ならではの良さである、派手な特殊効果やアクションはなく、非常に地味で印象には残りにくい。退屈にはならないが、他人に勧められるかと問われるとやや躊躇してしまう。全体を通して、反骨的な、反逆のような、なにか今の一辺倒な犯罪映画への少しばかり皮肉めいた監督のメッセージ性を感じた。私はこういう作品も好きだ。
賛否両論とか色々言われているけれど、あんまり難しく考えずに素直に見ればいいんじゃないかな。ブラックユーモア的なところを含めて。確かに、主犯(クライブ・オーエン)脱出の落ちとかはイマイチお粗末だけど、私はこの映画、基本的にサスペンスじゃなくてシニカル・コメディだと思っているので、その辺のことはあまり気にしない。 ただ、犯人側、目的は確かにカネなんだろうけれど、やっぱりナチス協力者を許せない義賊的なところはあるんですよ、きっと。殺人ゲームに興じる子どもをたしなめたりもしてますしね。私はそう解釈しました。そして、フレイジャー刑事(デンゼル・ワシントン)もそれは一緒だと思います。(一級刑事になれたことを無邪気に喜んだり、最後に入手したダイヤを婚約指輪にしたんじやないかと思われたりすることに、少し複雑な心境になったところはありますが、まあ、シアな勧善懲悪みたいな一筋縄ではいかないのがこの監督の持ち味でしょう)。 みんな言っているよう、出演者が豪華で、デンゼル・ワシントン、クライブ・オーエンという両主役のほか、ジョディ・フォスターが、(タイトルでは主役級扱いだけど)どう考えても脇役で、ウィリアム・デフォーに至ってはほとんどチョイ役(ても、流石に存在感は隠しきれないけどね。この人は変わらないなぁ。いくつなんだい、一体)、ってんのがすごいなあ、と。みんなスパイク・リー監督が好きだから出ているんだろうね。俳優さんたちからは敬愛されている監督のようです。 まあ、個人的には、パンチはいま一つだったけれど見て損はした気にはならなかったです。
映画好きなはずなのに全く知らなかったまま2021年。3人の有名俳優のトップ画に目を奪われ観て見たところ・・・なにこれ面白い・・・。しかし、他の方も書かれていますが確かに好みは分かれるかも。私は逆に人も死なないし頭脳戦面白いし、この小気味の良さがツボでした。ちょっとユージュアル・サスペクツ的な面白さとでもいいましょうか、ユージュアル・サスペクツが好きなタイプの人は気にいると思います、私の独断と偏見ですが(笑)。いやー、しかしジョディ・フォスターがかっこよくて素敵でした。特にジョディ含む、主役3人の独特の声と喋り方が”かっこいい!”とうっとりでした。よい映画の発掘!アマプラありがとう!
たしかにテンゼルワシントンは刑事役、はまってるし、ジョディーフォスターも豪華な女優。銀行強盗のストーリーは、いろいろと裏をかく犯人、で、盗むものも、よく分からんという、謎の事件。でも、いまひとつのスカッと感はなく、オープニング、エンディングのインド的な音楽も、?で、私には、すごく面白い~~~!!とは思えない作品でした。

場所の詳細、レビュー、写真をワンクリックで検索

最新の場所